【自己紹介~最終章~】これから目指すこと~人生を楽しくしたいあなたへ~

      2018/02/26

The following two tabs change content below.
ゆかりん
アンチ減塩管理栄養士。 減塩をやめたら、人生も健康も豊かになれる!私は減塩をやめて、生理痛や偏頭痛が改善しました♪薬に頼らずに食事で健康改善。 実は、人見知りで口下手です(笑)好きな花はコスモス。
Pocket

過去の記事はこちら!

・【自己紹介①】「生まれてから、食べることが大好き」~0歳から中学生編~

・【自己紹介②】「自分で欲しいものは自分で買え」~高校から社会人1年生~

・【自己紹介③】女性として生きることが嫌になった~社会人になってから編~

・【自己紹介④】心身ともに病んだ私の「心の支え」が、栄養士になるきっかけ~人生最大の闇期~

・【自己紹介⑤】前世は天皇の料理人?!遠回りして手に入れた「管理栄養士」

・【自己紹介~最終章~】これから目指すこと~人生を楽しくしたいあなたへ~ →いまここ

ここまでお読みいただき、ありがとうございます。

これからは、人のために役立ちたい

高校卒業してから現在に至るまで、実にたくさんの苦労したなあ~と思っています。

当時はつらい毎日でしたが、今では過去を笑って話せるまでになりました。

私は高校卒業してから、好きでもない仕事を約8年間続けました。

会社員の経験があるからこそ、働く人の気持ちもよくわかります。

せっかくの休みも、先輩や同僚とのつまらない付き合いも多々ありました。

肝心の食事はというと、平日のお昼はいつもコンビニ弁当。

料理ができなかったし、やろうともしなかった。

だからこそ、風邪ひきやすかったし、生理痛もひどかった。よく胃腸も壊していました。

今よりガリガリに痩せていて、マイナス思考だったし、笑顔もなし。

生まれてからずっと食に執着していた自分が、食に興味がなくなった時、自分が自分でなくなりました。

たまに大笑いすれば、顔が筋肉痛になっていましたね。

しかし、もうそれは過去の話。

食は、心も体も作る。だから、食を大事にする。

管理栄養士になるという目標が叶ったことで、今度は食事で困っている人の役に立ちたい。

そう強く思えるようになりました。

 

世の男性が、家庭内でも出世できるように

安定した収入のある会社員を辞め、学校に入り栄養士を目指した時点で私は覚悟を決めました。

死ぬまでずっと管理栄養士をやる、と。

今、思うこと。

人生を賭けてまで、やりたいと思える仕事に出会えたことがとっても嬉しい

私は、主に料理教室を行ってきました。

その中で、それぞれができることが増えて、笑顔になるのが幸せ。

食は、人と人を繋ぐ手段にすぎない。

食のある場所には、人がいる。

家族だったり、友人や恋人など、大事な人と一緒に食事をすることは、贅沢な時間だと思います。

食事の約束が楽しみで、頑張ろうと思うことだってあります。

食事の時間を家族や大事な人と過ごすことで、ほっとするし、自分の心に余裕が持てるようになるのです。

自分の心に余裕ができたら、きっと職場での人間関係に悩むことが減ったり、自分のことも大事にできるようになって、自分の人生が生きられる

食事は人とのつながりの原点であるからこそ、大事にしたい。

そんな願いがあって、私はサイトを通して伝え続けます。

 

目指すは、身近な「かかりつけ栄養士」

管理栄養士と聞くと、多くの方が「白衣を着て、病院で栄養管理している」と想像するかと思います。

管理栄養士で病院勤務している私ですが、このあり方に以前より疑問を持っています。

病気してから栄養を管理しては、遅い。

当然、病気の人に栄養管理したほうが、回復力も早くなります。だから必要です。

しかし、私が大事だと思うのは、健康な家族がずっと健康でいられるための食事作り。

毎日食事を作るから、毎日継続できなければ意味がない。

よくありがちな栄養指導で「こんな食品とりましょう」「あれはダメ」「これは良い」では、一体何を買い物して、いくら費用がかかり、どう調理すればよいかわかりません。

自分が選んだ食品や食べたものに対して、本当に良いかどうか確認もしたいものです。

食事を相談できる家族のかかりつけ栄養士がいることが理想。

「自分の食事が不健康で、何言われるかわからないから怖くて相談しにくい」ということはあるかもしれません。

しかしながら、かつての私は、コンビニ弁当の生活で料理もろくにできなかったのです。

だからこそ、恥ずかしがらずに食事を相談してほしい。

身近な存在でありたいと思っています。

 

料理にハードルはいらない

私は、料理はハードルが高い、そんなイメージを持っていました。

・母親が常に台所にいるから、やろうとすると邪魔扱いされる。

・今日の夕食、何にしようか一日中ずっと悩んでいる。

・そもそも、料理が苦手。本当に正しいのかさえ分からない。

・いつも同じメニューばかりで、家族をがっかりさせてしまうことに申し訳なさを感じる

・家族が体調が悪いと、もしかして自分の作る料理のせいかも、と思ってしまう

・帰ってきて作るのは、麺類ばかり。野菜不足が気になる。

私はずっと、このようなことで悩んできました。

しかし、今では悩みを解消し、楽しくできる方法はないかと、効率よくできる方法を考えました。

 

男性向け家庭料理専門家が伝えたいこと

料理は、食べる人がいるからこそ作りたいと思いませんか?

また、何を食べるかではなく、誰と食べるかだと。

 

身体によいものを食べさせてあげたい

好きな食べ物を食べて喜ぶ顔が嬉しい

 

誰かのためにしたことが、自分自身の成長にも繋がります。

 

しかし、現実は、仕事と家の往復。

嫌な上司のご機嫌をうかがいながら、帰宅するのは深夜。

また明日も会社か、と思う毎日がとてもつらい。

 

しかし、こう考えてみてください。

 

休日に、大事なひとのために料理を作る

週末に、おいしいものを食べに行く

友人に料理をふるまってホームパーティーをする

 

そう考えると、楽しくなりませんか?

 

 

記事一覧はこちら!

・【自己紹介①】「生まれてから、食べることが大好き」~0歳から中学生編~

・【自己紹介②】「自分で欲しいものは自分で買え」~高校から社会人1年生~

・【自己紹介③】女性として生きることが嫌になった~社会人になってから編~

・【自己紹介④】心身ともに病んだ私の「心の支え」が、栄養士になるきっかけ~人生最大の闇期~

・【自己紹介⑤】前世は天皇の料理人?!遠回りして手に入れた「管理栄養士」

・【自己紹介~最終章~】これから目指すこと~人生を楽しくしたいあなたへ~ →いまここ

 

 

 

 

 

 

フォローミー

Pocket

 - プロフィール