毎日快便の秘訣は、○○にあり!朝食の定番化のすすめ

      2019/08/23

The following two tabs change content below.
ゆかりん
アンチ減塩管理栄養士。 減塩をやめたら、人生も健康も豊かになれる!私は減塩をやめて、生理痛や偏頭痛が改善しました♪薬に頼らずに食事で健康改善。 実は、人見知りで口下手です(笑)好きな花はコスモス。
Pocket

こんにちは。

アンチ減塩!管理栄養士ゆかりんです。

 

さて今回は

快便の秘訣

をお伝えしますよ(^^)v

毎日快便のヒケツ

私が便秘に悩まされるのは、年に1回あるかないかくらい。

今まででも、数えるほどしかありません。

そんな私が、快便のために食生活で意識していることをお伝えします。

ぜひとも、参考にしてくださると幸いです。

毎朝、ごはんと納豆が定番

 

こんなに手間がかけれないと思いますが。

平日は、毎朝5時半起き。
朝はバタバタして時間に余裕がないため、すぐ用意でき、バランスの良いメニューを意識しています。

そこで重宝しているのが、納豆。
納豆は常に冷蔵庫に常備しています。

前日に多めに炊いた残りごはんと、前日の夜ごはんに多めに作った味噌汁と、みかん、ぶどうなどのさっと食べられる果物を用意すれば、朝食の完成。

朝から作りたくないズボラ女子(笑)ですので、起きたら「あたためるだけ」
必ずしも、朝食は朝起きて作らなくてはいけない、という必要はないのです。

納豆の種類

納豆の原料は、大豆。
大豆を蒸して、納豆菌をつけて発酵させたものが納豆です。
大豆が原料のほか、黒豆もあります。

普通の納豆と、粒が砕かれているひきわり納豆とあります。

普通の納豆の中でも、大粒、中粒、小粒と粒の大きさがいろいろありますね。

私がお気に入りなのは、黒豆納豆。

大粒で豆の味を感じることができ、納豆よりは、豆を食べている感じで食べ応えあって好きです。

見た目ちょっと‥という感じですが、味はおいしいですよ!!

 

ひきわり納豆は、普通の納豆を刻んだもの?

納豆とひきわり納豆との違いは、製造工程の違いにあります。

普通の納豆を刻んだもの、と思われがちですが実は違います。

ひきわり納豆とは、大豆を砕いてから蒸して納豆菌をつけて発酵させたもの。

大豆を砕いてから蒸して納豆菌をつけているため、普通の納豆よりは消化が良いとされていますが、消化吸収にこだわるというよりかは、食べていて好きなもの、嫌ではないものを選ぶといいですね。

納豆の気になる栄養素

納豆とひきわり納豆の栄養素の違いはというと、ひきわり納豆のほうがビタミンB1やビタミンKが多め。

ビタミンB1は、糖質の代謝を手助けするビタミンで、玄米、うなぎなどに含まれています。

疲労回復のビタミンとして、栄養ドリンクにも含まれていますね!

ビタミンKは、血液凝固に関わるビタミン。
傷の治りの回復を早めてくれたり、カルシウムの吸収を手助けします。
血液サラサラにする薬(ワーファリン)を飲んでいる方には注意。

薬の効力を弱めてしまいます。

薬を内服されている方は、医師にご相談くださいね。

納豆の好みには、地域性が関係する?


納豆で有名なのは、茨城県の水戸納豆が有名。

ほかに納豆の産地と言えば、秋田県横手市、熊本県です。

熊本県は全国展開している納豆製造会社が2つもあり、消費量は全国トップレベル。

九州や東北の人は納豆をよく食べるのでしょうか?

ちなみに、我が家は小さな時から納豆を食べていますが、両親の出身地が熊本県だからかもしれません。

色々な納豆を食べているので、おすすめあればまたご報告したいと思います!

フォローミー

Pocket

 - 聞いてなるほど!ためになる話