便秘にお悩みの女性必見!無理せず食事でスッキリする方法

   

The following two tabs change content below.
ゆかりん
アンチ減塩管理栄養士。 減塩をやめたら、人生も健康も豊かになれる!私は減塩をやめて、生理痛や偏頭痛が改善しました♪薬に頼らずに食事で健康改善。 実は、人見知りで口下手です(笑)好きな花はコスモス。
Pocket

こんにちは。

「おいしく♪楽しく♪健康に♪」

アンチ減塩!管理栄養士ゆかりんです。

 

このブログ記事は

普段使う調味料変えただけで

料理上手って言われて

健康になれちゃう!

そんな情報を提供をしている記事です。

 

さて

今回、ご相談内容で最も多いのは

ずばり

「便秘」です。

 

女性の4人に1人は便秘と言われるほど

女性の大敵ですが

なぜ、便秘になるのか?

便秘の原因とは?

食事で解決する方法とは?

お伝えしていきますね!

 

便秘とは?

便秘とは

3日間以上排便がない状態

と、されていますが

明確な定義はありません。

 

食べたら出す!が基本なので

私は

1日1回排便がない状態であれば

「便秘」と定義しています。

 

 

便秘はとっても怖い病気なのです

排便のない状態が続くと

お腹がはったり、気持ち悪くなったりと

体調だけではなく、

食事が「おいしく食べられない」

食べても、「出なかったらどうしよう」

と、気持ちにもストレスが生じますよね。

 

体も心も本当につらいですが‥

 

さらに困ることといえば

便秘の状態が続けば

大腸がんや女性特有の病気のリスクも上がる

ということ。

 

「便秘」が当たり前の女性は

ずっと放っておくと

将来とても危険なんです。

 

私たちの体温は36度で

季節でいうと、夏。

腸内は密室で、真っ暗です。

食べたものが、外に出ずにずっと腸内に溜まれば

真夏の密室で生ごみを置いておくのと一緒。

生ごみからは、当然腐敗し、においも出ます。

そして、腸から全身へ、血液に乗って運ばれていくのです。

 

腐敗した生ごみが全身へと運ばれれば

肌荒れ、冷え性、むくみをはじめ

様々な不調を引き起こすことは

容易に想像ができます。

 

便秘は、怖い病気を引き起こすタネなのです。

だからこそ、薬に頼らずに、根本解決をおすすめします。

 

便秘薬をおすすめしない理由

今や

女性の4人に1人が「便秘」であって

便秘薬を使っている女性も少なくはありません。

 

今すぐにでも出したい!と思って

便秘薬を手にしたいとは思いますが

どんなに良い薬といわれる薬でも、おすすめはしません。

 

便秘薬に頼ることは

一時的スッキリして解決したかのようで良いですが

根本解決にはならないからです。

 

なぜ、便秘になるのか?

便秘になる理由は

「食物繊維不足」

と思っている方も多いのではないでしょうか?

 

食物繊維が不足しているからと言って

野菜やイモ類などをたくさん食べると

かえって逆効果になる場合もあります。

 

それは、

便秘の理由に

「腸の動きが鈍いこと」があげられるからです。

 

 

腸は自分で動くことができないので

大脳の脳下垂体より指令が出て

背骨の神経を伝わって、腸に届きます。

 

便秘になる理由は

脳からの指令が腸にうまく伝わっていない

ことが、最も多い理由です。

ですので、

便秘の改善方法は

腸の動きをよくするために

脳からの指令をスムーズに流してあげること

最善の方法と言えます。

 

必要なのは、ミネラル

腸の動きは

脳からの指令が、背骨の神経をつたって流れますが

脳からの指令は、すべて電気信号によって流れます。

 

電気信号に必要なのは

カルシウム、マグネシウムなどの

ミネラルです。

 

カルシウムやマグネシウムが不足すると

当然、脳からの指令が電気信号によりスムーズに流れません。

 

日本人は特に

カルシウムやマグネシウムが不足しています。

それは

日本の土壌自体が火山灰でできていることが関係します。

 

土自体にミネラルが十分ではないため

魚や海藻を摂って食べてミネラルを補給していました。

ですが、現代の日本人は魚離れがすすみ、

さらにミネラル不足が深刻化。

脳からの電気信号に必要なミネラルは

カルシウムとマグネシウムだけではなく

食事からしか摂取できない16種類のミネラルを

全て摂取する必要があります。

 

例えばですが

食塩を溶かした水や、海水に電気を流すと流れます。

甘いものばかりとって、体が砂糖水となっていたらどうでしょうか?

砂糖は、電気を流しません。

日本人は、電気の流れる海水、

つまり、ミネラルが不足しているため

脳からの電気信号が

腸までスムーズに流れません。

だから、便秘になるのです。

 

便秘になれば、婦人科系の疾患になりやすいのは

腸も子宮も同じ神経からきているということ。

婦人科疾患も、臓器は裏表一体となっているからというより

神経のでどころが同じだからと言えます。

 

ミネラルとは?

ミネラルとは、別名「無機質」

体を作る栄養素がたんぱく質であれば

ミネラルは、体を作りやすいようにサポートする役割です。

 

主に、

海産物や精製されていない穀物などに含まれていますが

魚、穀物、野菜をはじめ

様々な食材に含まれています。

 

ミネラルは

発見されているだけでも何十種類も存在すると言われていますが

私たちの体にに必要なミネラルは

たった16種類。

 

代表的なミネラルに

鉄、カルシウム、マグネシウム、カリウム

銅、塩素、などがあります。

 

ミネラルが不足している理由

私たち日本人は、食事から摂取しようとすると

食材自体の栄養価が低下

体内の吸収率

が影響し、1日に必要な量が足りていません。

 

例えば、ほうれん草の鉄分は、

50年前に比べて5分の1に低下。

品種改良や農薬散布など、

土地自体が痩せているため

食べていても栄養素が摂れている、

とは限りません。

 

また、体内の吸収率も影響し

摂取した量でいうと

魚は33%

野菜は19%しか吸収できません。

 

カルシウムの吸収を妨げる「食物繊維」や

あくの成分である「シュウ酸」など

成分がカルシウム吸収を阻害するため、

食べていても栄養素が摂れている、

とは限らないのです。

 

いくら食べていても

食物自体の栄養素が低下しているため

必要な1日の栄養素を摂取しようとすると

野菜をはじめ、

たくさんの食材の量が必要になります。

 

だから、塩なのです

便秘の大きな要因の一つに

「腸の動きの鈍さ」があり

神経の流れをスムーズにするためには

「ミネラル」が必要であることは十分にご理解いただけたかと思います。

 

「ミネラル」は重要な役割であるのに

不足している現状なのです。

 

野菜や魚、キノコ類など

食事を和食にすることを意識することはもちろんですが

 

そこでおすすめしたいのが

「塩と水を変える」こと。

塩は調味料であるので、取り入れやすく

体に最も必要な「ミネラル」だからです。

 

ミネラルたっぷりの塩が良い理由

ミネラルは塩で摂取することは

そもそも人間は海から生まれてきたからです。

 

一般的に使われている

精製塩(赤いキャップの塩)は

99%が塩化ナトリウム。

ミネラルは、ほぼ、1種類です。

 

マザーソルトは約80%が塩化ナトリウム。

残り20%に、必要なミネラルが含まれています。

マザーソルトのミネラルの種類は、

70種類以上!!

 

体は、70種類以上のミネラルのうち

必要なミネラル16種類を摂りこみ、

不要なミネラルは老廃物と一緒に体外に流してくれます。

 

マザーソルトが良いのは

体に必要な16種類のミネラルを全て摂取できる

ということ。

 

ちなみに

岩塩は良いのですか?

と、よく聞かれますが

岩塩は日本人に必要な

塩分を排出する「カリウム」が不足していますので

あまり、おすすめできません。

 

職人さんこだわりの手作りの塩

(実際の塩田です)

マザーソルトは、秦の始皇帝時代から続く塩田で

手作業で作られています。

 

だからこそ、塩の一粒一粒の大きさが違い

ちょっと大きめなのです。

 

満月の日に海水をくみ上げて塩田に引き込みます。

加熱なし、日光と自然風で乾かした塩を

むしろ(ゴザのようなもの)をかけて、1年熟成しました。

満月の塩でパワーが違います。

手作業なので、想いが詰まっている塩。

そして、栄養素だけではなく

うまみも詰まった塩です。

 

食べたらわかります。

納豆や魚、肉にかけると

臭みを消して、うま味を引き出す。

料理だけじゃなく、

うがいにも、歯磨きにも、バスソルトとしてもお使いいただけます。

 

便秘におすすめの「マザーミネラル」

マザーソルトを1年間、

じっくりと熟成している間にできる水分で

ミネラルがぎゅっと濃縮されている液体が

「マザーミネラル」です。

 

「にがり」のように無色透明ですが

苦くありません。ややしょっぱいです。

 

味は変えないのですが、まろやかにします。

コップ1杯の水に、

マザーソルト1つまみ

マザーミネラル1スポイド入れて

朝起きてすぐ、夜寝る前に飲みます。

 

マザーミネラルは1パック約1か月分。

コーヒーやお茶、水筒の飲み物に入れて

お持ちいただけば

いつでもミネラル補給できます。

 

きららポットの水でより体に吸収しやすい働く水に

マザーソルトとマザーミネラルを合わせて摂ることで

70種類以上のミネラルをくまなく摂取できます。

料理に「マザーソルト」

外食の時には「マザーソルト」

飲み物に「マザーミネラル」

と、使い分けもできますが

マザーソルト、マザーミネラルの吸収をより良くするために

きららポットでつくる

きららの水もおすすめです。

 

私たちの体は60%が水でできています。

水は、「吸収のしやすさ」が重要。

 

きららポットは

水道水や浄水の水をいれるだけで

角が取れてまろやかになり

吸収しやすく、腐りにくい水となります。

 

きららポットの水に、

マザーミネラルとマザーソルト入れて飲むことで

より、ミネラルが体に浸透しますよ。

 

きららポットは、

1回購入すると半永久的に使用できます。

 

中に石(きららの石)が入っていますが

1か月に1回、日光に4時間ほど干しておけば

繰り返し使うことができます。

 

便秘には「三種の神器」

料理にマザーソルトを、

飲み水には、マザーミネラル1スポイドを。

 

1日2杯の

ミネラル水(マザーミネラル、マザーソルト、きららの水)を飲むと

 

マザーソルトと、マザーミネラルに含まれる

マグネシウムが

腸をリラックスさせ、神経を緩めます。

毎日、続けてみてくださいね。

 

きららポットの水は、

だしをとったり、ご飯を炊いたり

花に水をやったりと

広くお使いいただけます。

 

三種の神器 詳しくはこちらから

 

ミネラルはサプリメントではなく「塩」「マザーミネラル」をおすすめする理由

減塩は本当に必要?

 

 

 

 

 

 

 

 

フォローミー

Pocket

 - 花粉症・便秘・アトピー, 塩・水・ミネラル