料理男子はモテる!できて損はないオトコメシ

      2018/11/21

The following two tabs change content below.
ゆかりん
アンチ減塩管理栄養士。 減塩をやめたら、人生も健康も豊かになれる!私は減塩をやめて、生理痛や偏頭痛が改善しました♪薬に頼らずに食事で健康改善。 実は、人見知りで口下手です(笑)好きな花はコスモス。
Pocket

こんにちは!

アンチ減塩!管理栄養士のゆかりんです。

 

30代男性のあなた!!

突然ですが、お料理はしていますか?

 

20〜40代の働く主婦の方に、「男性が料理することについてどのように感じているか」を聞いてみました。

結論は、8割の主婦が「素敵!!」となりました。

その理由は、主婦にとって忙しい中で料理は毎日の悩みのタネだからです。

しかし、料理は苦手だ・・とお思いのあなたに、何から始めたらよいのかをご提案させていただきますね。

 

妻、奥さん、嫁に「素敵!!」と思われたい方は、ぜひ最後までお付き合いくださいね。

 

料理ができる男性は「素敵」

「料理ができる男性をどう思うか?」の質問に対し、結果は、8割は「素敵」と感じる!です。

女性も仕事をもち、共働きの家庭が多い中、必ずしも家事は女性がするものと当てはまらないのです。

 

料理するためには、買い物に行き、献立を考え、下ごしらえ、調理と多くの工程があります。

そのため、主婦にとって、家事の中で料理が一番負担に感じます。

せめて調理だけ、買い物だけでもとっても助かるのです。

夫が料理好きだと文句なし!

手の込んでいる料理を作る必要もないのです。

夫がご飯を作ってくれることは、主婦にとってはちょっとした「夫自慢」ですよ。

毎日料理ができる男性は大大大歓迎なのです!!

 

休日や寝込んだ時に作ってほしい!

「どんな時に男性に料理を作ってほしいか?」という質問に対し、「休日」「自分が風邪をひいて寝込んだ時」が多くありました。

休みの日にランチを作ってみたり、家で飲む時におつまみをささっと作って用意すれば、好感度は確実に上がります!

風邪で寝込んだ時に、食べ物を購入するのも一つの方法ですが、お粥や雑炊、うどんなどの消化の良い食事を用意すると、女性はとても安心感が得られます。

毎日作ってくれなくても、休日や体調不良などの女性が休みたいときに作ってくれたら嬉しいのです。

 

定番料理と、魚さばき

主婦に「どんな料理を男性に作ってほしいか?」と聞くと、チャーハン、パスタ、カレーライスなどの定番メニューです。

失敗が少なく、子供たちにも人気なメニューですね。

主婦は、特別な料理ではなく、日頃から食べるような定番料理を作ってくれたらいいなと思います!

 

定番料理以外には、「魚をさばいてほしい」との意見が。

これには主婦一同納得です!

直接内臓を触ったり、魚を分解したりと手間がかかります。

特にウロコは飛び散ってしまって、壁にくっつくとはがれにくく掃除や後片付けが面倒です。

 

私の母は「台所が臭くなるから嫌だ」と言って、一切やりませんでした。

魚の解体作業は主に父の仕事でした。

 

魚をさばく男性は頼もしい

魚さばきは、主婦にとっては重労働です。なぜなら、さばいた後に調理をしなければならないからです。

台所に立つ時間がとても長くなります。

なるべくなら、主婦は台所にずっといたくない。少しでも座りたいのが本音です。

そこで、手際よく魚をさばく姿を見ると、とても頼もしく感じます!

 

夫が釣りから帰ってきて魚を持って帰ってきたときは、一瞬、とても嬉しくなるものです。

しかし、そのあと「どうやってさばくのだろう」とテンション下がります。

そこで、「俺がやるよ」なんて言われた時には、主婦みんな感激しますよ!

これ、我が家の両親の話です(笑)

 

まとめ

男子厨房に入らず、なんて言葉ははっきり言って今の時代に合わないですね。

女性は、料理男子ウェルカムです!

男性の作る「オトコメシ」は、女性の作る繊細で色の良い料理とは違って、見た目豪快で「こんな組み合わせあるの!?」と新しい発見があります。

オトコメシには、休日のお昼にカレーライスやチャーハンなどの定番料理が望まれます。

普段、台所に立たなくても、絶対失敗しないようなメニューがいくつかあると良いですね!

さらには、魚さばきができるようになれば、料理のレパートリーが広がって、家族の楽しみな時間が増えますね。

 

 

 

フォローミー

Pocket

 - 聞いてなるほど!ためになる話, 料理の基本